農薬の影響

 農薬は、必ずといっていいほど、米や野菜の栽培には、使われていました。 最近では、国の基準も厳しくなり、残留農薬などの影響の出る農薬は使われないようになっていますが、 輸入物野菜は残留農薬の怖さがあります。特に、冷凍食品などの加工食品の原材料などは、 国の検査もしっかりされていない状況のようです。 輸入されている冷凍食品などの加工食品の90%は、中国やタイからの輸入だそうです。
輸入物が悪いというわけではないでしょうが、最近の中国製の冷凍食品に強い残留農薬が認められたという事件からも、 購入する時は、原産国等の表示をしっかり確かめることも必要ですよね。 コンビニ弁当や惣菜には、安価な輸入野菜が使われていることがあります。 

国内で流通している野菜や果物もどんな農薬が使われているのかは、消費者にはなかなかわかりません。 結局、食の安全を守るために生産から流通まで努力している生産者の顔が見える食材を、選んで使いたいですね。
無農薬や有機農法で栽培されている野菜や米も増えてきています。どのように作られているのか、 消費者としての厳しい目で判断して、食材を選びたいものです。




 最近、耳にする「地産地消」という言葉。
住んでいる地域で作られている作物を食べようということですが、地元であれば生産者の顔がわかり、 実際にどのように栽培されているのか、自分の目で確かめることもできますね。

また、農薬の怖さとして、残留農薬のみならず、農薬散布の時の、直接肺に吸い込んでしまう農薬の健康への影響も 以前から訴えられています。
 それは、公園や住宅の害虫などにも広く使われる有機リン系農薬です。
特に、ヘリコプターなどの空中散布などによって田畑にまかれた高濃度の農薬がガス化すると、 頭痛や目の異常などの中毒症状が現れたりするといいます。
 有機リンは、うつ病のような症状や、思考力の低下など、神経障害に影響があるといわれているそうで、 特に、子供たちの脳への影響が恐れられています。
 群馬県では、全国に先駆けて、農薬の空中散布を中止したそうです。



▲ このページのトップへ

MENU

Copyright (C)キレる子供にしないための食育の情報集 . All Rights Reserved.