食育のすすめ

 最近、よく耳にする「食育」という言葉があります。 食事からとる栄養成分と、心の関係はあるのでしょうか。

近年、言われる「キレる子供達」は、なぜ起きるのでしょうか。食育から防ぐことはできるのでしょうか。

食卓の風景に異変が起きているようです。子供に食事の様子を絵に描かせると、一緒に食卓を囲んでいる親の姿が人の記号で表されたり、 顔の表情が全くなかったりと、ただ、黙々と食事をしていると思わせる絵が増えているそうです。
子供を育てるためには、家族で食事をするということは、家庭で最も大切なことで、子供にとっても、 食事は生活の中で最も楽しい行為なはずです。笑顔の食卓、楽しい食卓、食事の時間を見直しましょう。
 

農薬、食品添加物、有害金属、環境ホルモンなどによる脳内汚染も、キレる子供を生み出す一因といわれています。

手軽なジャンクフードや、添加物がたくさん入った加工品や、バランスの悪い食事をしていると、体の中の栄養バランスが崩れて、 脳細胞へも影響するともいわれています。 よく、カルシウムが足りないと、イライラするとか、いいますよね。心の状態にも、ミネラルや微量栄養素も必要になったりします。

アメリカの著名なアレルギー専門医・ファインゴール博士の著書「なぜ、あなたの子供は暴れん坊で勉強嫌いか」によると、 「食品添加物のある食品を一切摂らないように」と指示をした患者に興味深い変化が表われたというのです。
10日位から患者の精神状態は正常になり、人々とも和やかに接するようになったというのです。
ところが、食事療法をやめると、患者の精神状態がまた悪くなったのです。要するに、人工着色料や食品添加物を避けた結果、 原因がよくわからなかった精神的異常が改善されたということだったのです。

食事は、人間の一生の中で最も重要な作業です。本当は、一生を左右するといっても過言ではないでしょう。

実際、食事のバランスが悪いと、身体の症状として生活習慣病になりますよね。
 身体のみではなく心の状態にも影響するとしたら、とても恐ろしいですね。 子供達には、自分の人生を左右する食事の大切さを、幼少時よりしっかり教え込みたいですね。
 食育は、子供の身体と心の健康にとても大切だということです。



子供の食生活・健康対策情報

放射能汚染対策に、乳酸菌『ナリネ菌』
乳酸菌「ナリネ菌」とは、ロシアでチェルノブイリ原発の被爆者の治療に使われている食品です。 ナリネ菌というのは、ビフィズス菌の中の乳酸菌の一つで特にこのナリネ菌はもっとも有効な乳酸菌として世界各国の医療で使用されています。

◆「NPO日本食育インストラクター協会」認定!正しい「食」を学ぶ講座
「服部幸應の食育インストラクター養成講座」

食育基本法の成立にも熱心に活動をされた、服部先生から教えを受けられる通信講座です。 死亡原因の6割以上を占める生活習慣病も、予防はまず「食から」と言われています。 専門職を目指す方だけでなく、家族や自分の体のためにも、とても役に立つ内容になっています。 この講座を修了すれば、全員「NPO日本食育インストラクターPrimary」として正式認定され、名称を使って食育推進活動を行うことができます。 子供たちに正しい食のあり方を伝えるためにも、本格的に学んでみませんか。

ベランダ家庭菜園で野菜作り
親子で家庭菜園もいいですね。最近では、ベランダ家庭菜園で親子で野菜作り、親子で料理を楽しむ家族も増えています(^^)

▲ このページのトップへ
  • 有機野菜
あらゆるものが測定可能ガイガーカウンター

recommend

【おすすめサイト】  バストアップの方法をまとめてみました!  職業「カウンセラー」の仕事内容って?   クロムハーツで洋服を買おう! 全身脱毛の価格っていくらなの?  色々知りたい?給湯器 

MENU

Copyright (C)食育のすすめ、キレる子供にしないために . All Rights Reserved.